映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
字幕翻訳 初心者無料講座 よくあるご質問 資料請求・お問合せ 個別説明会

映像翻訳の現場から コラム第44回 「tubeとは地下鉄の意味です」

日本では劇場公開されなかったが、何とも賑やかなアクション作品がDVDで登場する。「アクシデントマン」という作品だ。主人公は殺し屋。相手を事故に見せかけて殺すのが得意だ。ところが元恋人が殺され、どうやら犯人は殺し屋仲間の誰からしい…

イギリスのコミックを映画化した本作の主演はスコット・アドキンス。アクション俳優として注目され、「エクスペンタブルズ2」で敵役のジャン=クロード・ヴァン・ダムの右腕を憎々しく演じていた。アクションもキレキレなのだが、なかなか演技もうまく、荒唐無稽なストーリーと相まって楽しめる拾い物だ。今回、僕は吹替を担当した。

さて、上でイギリスのコミックと書いたが、物語の舞台はロンドン。スコット・アドキンスを始め、主要キャラはイギリス人が演じている。当然、話されているのもイギリス英語だ。同じイングリッシュとはいえ、米語と英語では使う単語が違ったり、イギリス独自の言い回しがあったりと、似ているようでかなり違う部分もある。例えば卑語。米語といえばfuckだが、英語で圧倒的に使われるのはbollocksだ。本来の意味は睾丸である。bloody hellというのもよく出てくる。どちらも米語ではまず聞かない。

卑語の話ばかりでは何だし、他に気になったイギリスならではの表現をいくつか挙げてみよう。
・How did you get on?:「どうだった?」という意味。例えばHow did you get on that test?/例のテストはどうだった? などと使う。アメリカ人にも伝わらなくはないらしいが、アメリカ人ならHow did it go?とかHow was it?などと言うのが普通なようだ。
・right royal:「素晴らしい」という意味と、強調の意味のabsolute, utter, extreme/非常に、すごくという意味の2つがある。前者ならwe had a right royal night/素晴らしい夜を過ごした、などと使う。
・oi:発音は「オイ」だが、意味も「おい」でいい。heyと同じく相手への呼びかけとして使う。これも米語ではまず聞かない。
・Bob’s your uncle:これもイギリスならではの表現。万事オーケー、何も問題ない、という意味だ。例えば道を訊かれたら「〜を曲がって真っ直ぐ行く」などと英語で言って、最後にand Bob’s your uncleと付け加える。「〜を曲がって真っ直ぐいけば万事オーケー→すぐ分かるよ」などと使う。

直訳すれば「ボブは君のおじさん」という意味だが、この表現の語源は、1887年に当時のイギリス首相ロバート・ソールズベリー侯が、まだ駆け出し政治家だった甥のアーサー・バルフォアを高給職のアイルランド担当次官に任命したことに由来すると言われている。人々はバルフォアのことを「そりゃあんたのおじさんはボブだからね」と皮肉ったそうで、ここからこの表現が生まれたらしい。もちろんボブとはロバートの愛称だ。ちなみにだが、あのシャーロック・ホームズが活躍したのはソールズベリー侯が首相の時代だそうな。

・by the end of play:このplayは「遊び」ではなく試合やゲームの意味の「プレー」で、直訳すれば「プレー終了までに」の意味になる。しかし通常はビジネス用語で「就業時間までに」という意味になる。

ビジネスメールなどではこれをEOPと略す。同じ意味で「COP」=close of play、「COB」=close of business、「EOB」=end of businessという言い方もあり、どれも意味は同じ。これが「その日中に」だと「EOD」=end of dayとなる。

実はEOP/COP…自体は英米共に使うのだが、面白いのは具体的な時間がアメリカとイギリスで違うことだ。アメリカでは通常午後5時を意味する。しかしイギリスでは午後5時半の意味だ。ちなみにEODは23時59分を意味し、これは英米共に同じだ。

『アクシデントマン』
発売中 DVD 3,800円(税別)
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
c 2017 Accident Man Productions Ltd. All Rights Reserved.

執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英日グループレッスン
英日マンツーマン講座
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
SST
英語コース
通信講座
基礎科
実践科
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳講座
韓日字幕翻訳基礎科
韓日字幕翻訳実践科
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ