映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
字幕翻訳 初心者無料講座 よくあるご質問 資料請求・お問合せ 個別説明会

第9回大阪アジアン映画祭 開幕!



オープニング上映『KANO』舞台挨拶で、3年連続来阪のウェイ・ダーションさんをはじめ、
マー・ジーシアン監督、永瀬正敏さん、坂井真紀さん他豪華ゲストが勢揃い!

3 月7日19時から大阪市北区の梅田ブルク7 で、大阪アジアン映画祭オープニング・セレモニー
およびオープニング作品『KANO』の海外初上映が行われた。

チケット発売後30分で完売と、ここ数年で一番の注目度の高さを伺わせた今年のオープニング上映。



マー・ジーシアン監督、製作総指揮のウェイ・ダーションさん、出演者の永瀬正敏さん、坂井真紀さんをはじめ、作品中で感動を呼ぶ高校野球球児を演じた台湾や日本の若きキャスト、そして映画監督・林海象さんが登壇。ゲストを代表して『すごい快感』に実名でタイ映画初出演を果たした越中睦士さんが一言「アジアを盛り上げよう!」と力強く挨拶。
会場からは大きな拍手が巻き起こった。


主演・近藤兵太郎監督役の永瀬正敏さんはオープニング作品に選ばれたことへの感謝と喜びを述べたあと「僕の誇りがここに立っています。どうぞ最後まで見守ってやってください」と舞台に勢ぞろいした高校野球部員役 の12人に惜しみない賛辞を送った。

また、客席にいる近藤監督のお孫さん3人がサプライズで紹介されると場内からは盛大な拍手が。
次に近藤監督の妻を演じ、しっとりした和服姿で登場の坂井真紀さんは
「先日台湾で観ましたが、自分が出演しているのに大ファンになりました。早く観ていただきたい」
と作品の手応えを語った。


上映後は、スタンディングオベーションが続く中、ゲストが再び登場し、感動は最高潮に。
まさに観客と映画スタッフ・キャストとが一体となったオープニング上映は、
ゲストによるお見送りまで行われ、台湾に続き大阪で大きな『KANO』旋風を巻き起こした。


映画祭は3月16日まで開催中。




一覧に戻る
映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英日グループレッスン
英日マンツーマン講座
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
SST
英語コース
通信講座
基礎科
実践科
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳講座
韓日字幕翻訳基礎科
韓日字幕翻訳実践科
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ