映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
字幕翻訳 初心者無料講座 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

修了生が字幕翻訳協力!!国立新美術館にて開催中!
アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち

修了生が字幕翻訳協力!!
国立新美術館にて開催中!
アーティスト・ファイル 2015
隣の部屋――日本と韓国の作家たち
Artist File 2015
Next Doors: Contemporary Art in Japan and Korea

2015年7月29日(水) ~ 10月12日(月・祝日)
2008年から国立新美術館が開催してきた「アーティスト・ファイル」展は、いまもっとも新鮮で充実した活動を行っている現代美術家を、個展の集合体の形で紹介するグループ展です。

日韓国交正常化50周年の記念すべき節目の年に、アジアを代表する美術館のひとつである韓国国立現代美術館と共同で「アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち」展を開催しています。 ワイズ・インフィニティ修了生はこの展覧会で上映されている《済州島の祈り人》の字幕翻訳のサポートをしております。
この作品を制作したイム・フンスン氏は,韓国の歴史を個人の生と視点から映像を用いて表現しています。韓国現代史の悲劇の舞台であるにもかかわらず, 現在ではきれいな観光地にかわっている済州島で, 生存者の痛みを伝えるインタビューを撮影し, 美しい風景で構成された《スンシ》を発表しています。

今回の《済州島の祈り人》では, ドキュメンタリー映画の領域にも関心をひろげ, より積極的に大衆と関わろうとしています。主題をアジアに拡大した《還生》という近作では, 韓国と日本, ベトナムなど近現代の歴史の中で生じた個人の生の連環を探っています。

イム・フンスン氏以外でも日本と韓国の作家によって構成される本展は、 国立新美術館で立ち上がり、次いで韓国国立現代美術館 (果川館) へ巡回する予定です。「隣の部屋」という副題は、「アーティスト・ファイル」展の従来からの特徴である個展形式を引き継いでいること、日本と韓国が地理的に近しいこと、そして日本と韓国の作家たちの美学と作品の形式が緩やかに呼応していることを暗示しています。


【01】
イム・フンスン《名のない風景2》
2011年 インクジェットプリント
【11】
ヤン・ジョンウク 《疲れはいつも夢とともに》
2013年 木、モーター、糸
撮影: Kim Namhee


ホームページ http://www.nact.jp/exhibition_special/2015/af2015/
会期 2015年7月29日(水)〜10月12日(月・祝)
毎週火曜日休館 ただし、9月22日(火)は開館
開館時間 10:00〜18:00 金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
お問い合わせ ハローダイヤル 03-5777-8600
主催 国立新美術館、韓国国立現代美術館
共催 国際交流基金、韓国国際交流財団
後援 外務省、駐日韓国大使館 韓国文化院
協力 日本航空

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英日グループレッスン
英日マンツーマン講座
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
SST
英語コース
通信講座
基礎科
実践科
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳講座
韓日字幕翻訳基礎科
韓日字幕翻訳実践科
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ