TEL
03-5544-8512

休校日:日曜・月曜・祝日


資料請求
お問い合わせ

MENU

翻訳会社が運営する映像翻訳スクール

翻訳会社が運営する映像翻訳スクール

ワイズ・インフィニティの映像翻訳スクールは、母体である翻訳会社が設立された翌年の2001年に字幕翻訳者の育成を目的として開講いたしました。制作現場のニーズを講座に取り入れ、プロとして必要な技術を学習します。修了後は登録試験を受けて、プロデビューが可能です。

翻訳会社が母体

映像翻訳スクールの母体である株式会社ワイズ・インフィニティでは、字幕、放送、クローズドキャプション等の映像翻訳・制作だけでなく、通訳や文書翻訳、キャッチコピーの翻訳も手がける翻訳会社です。国内外2000社と5000件以上の案件の取引実績があり、クライアントの多くは古くからお付き合いのあるお客様で、何年にもわたって担当させていただいているお仕事もございます。

たくさんのご依頼の中で、一番シェアを占めているのが字幕・吹替などのエンタメ系です。翻訳した映像作品は、DVDやBlu-ray、テレビやネット配信、映画祭等の媒体で使用されています。作品のジャンルは、最新映画関連もあれば、海外ドラマやクラシック映画、ドキュメンタリー、バラエティ番組等さまざまです。
また、放送では、キー局すべてと取引があり、ニュースやバラエティ、海外ロケ映像の翻訳を行っています。

運営会社

プロと同じ制作工程で学ぶ実用的な講座

映像翻訳は、外国語を日本語に置き換えるだけでは完結しません。字幕、吹替、放送翻訳では、翻訳する方法も違えば、使用するソフト・納品の形式も異なります。ワイズ・インフィニティはプロの翻訳者を養成する講座です。そのため、プロと同じ工程で課題も制作いただきます。プロになっても指示に戸惑うことなく、安心して仕事を受けられます。

~ ワイズ・インフィニティの講座では、すべての工程を学習します ~

  • 1.映像と台本を提供

    字幕翻訳には、まず翻訳する作品の映像と台本が必要です。
    ワイズ・インフィニティの講座では、実際にある作品の映像と台本を使って授業を行います。

  • 2.ハコ書き

    字幕翻訳では、翻訳に入る前にセリフのどこからどこまでを1枚の字幕にするかを決める「ハコ書き」をします。
    テンポの良い字幕を作るために重要なプロセスです。
    ワイズ・インフィニティでは、基礎科からハコ書きの方法やポイントをしっかりと学習します。

  • 3.スポッティング

    字幕は読み切れる長さ、自然な流れになっているかが重要です。ワイズ・インフィニティの通信講座は、専用ソフトをインストールいただくことで、ご自身で訳した字幕を映像に載せて見ることができます。映像上で字幕を再生すると、文字だけでは気が付かなかった発見があるかもしれません。

  • 4.字幕翻訳

    スポッティングが終わった後は、いよいよ翻訳です。スポッティングでタイム取りをして出た字数の制限に沿って、翻訳をします。

  • 5.納品(提出)

    ハコ書きをした台本と字幕原稿のファイルを提出して、翻訳の作業は終了です。

コース修了後も続くサポート

コース修了後は、母体の翻訳会社にフリーランス翻訳者として登録していただくための試験(トライアル)を受けることができます。映像翻訳の仕事を探しても、実務経験者が優遇されるのが現状です。ワイズ・インフィニティでは、実務の実績がなくても、すぐにプロとして活躍できます。

  1. トライアルの受験回数に上限はありません!

    一般的な翻訳会社の登録試験は、試験に落ちてしまった場合、不採用と取り扱われ、次のチャンスはありません。ワイズ・インフィニティの修了生は、何回でもトライアルにチャレンジすることができます。講座修了後1年以内3回までは、無料受験できるので、無料受験期間中の合格を目指しましょう。

  2. プロになってからもサポート!

    初めてお仕事を受けたけれど、満足のいくものを納品できなかった…。翻訳スクールが併設されていない翻訳会社では、納品物が良くなかった場合、同じ翻訳者に次の仕事を依頼することは少ないはずです。ワイズ・インフィニティはプロデビュー後も翻訳者の成長をサポートします。納品して終わりではなく、修正したところや次回から気を付けてほしいことなどをフィードバックし、次回からの仕事につなげていただいています。仕事をしながら、実案件でスキルアップができます。

修了生から見た
ワイズ・インフィニティ

資料請求・お問い合わせ CONTACT

当サイトをご覧いただきありがとうございます。当校の映像翻訳講座に関するお問い合わせ、資料のご請求は下記のメールフォームより受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

資料請求
お問い合わせ