TEL
03-5544-8512

休校日:日曜・月曜・祝日


資料請求
お問い合わせ

MENU

翻訳の現場から


2019.11.15

映像翻訳通信(メルマガ)

フリーランスは身体が資本

                         2019.11.15
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

   ワイズ・インフィニティ 映像翻訳通信 Vol.105

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  

こんにちは。
ワイズ・インフィニティの田村です。

昨日、遅ればせながら2020年入社の
内定式が執り行われました。

本当は、フォーラムの開催にあわせて
10月の開催を予定していたのですが、
台風の為、内定式も中止になってしまい
1ヵ月遅れでの開催です。

翻訳や言語にご興味のある
将来有望な2名が入社を決めてくれました!

来年4月から、働き始めますので
翻訳者さんとして関わることになる方は、
どうぞよろしくお願いします。

さて本日は、以前もご紹介したことがありますが、
ワイズの習慣である朝礼での出来事をご紹介します。

ここ最近は、週に1回担当の社員が決められたテーマから
1つ選び「3分間スピーチ」をしています。

その中で、業務効率化の観点から
パソコンを使う時の正しい姿勢について
スピーチをした社員がいましたので
共有しようと思います。

みなさんも、長時間パソコンに座って
お仕事や課題を作成していると
首・肩こりや腰痛などに悩まされることも
あるのではないでしょうか?

正しい姿勢を意識することで改善
できるかもしれません。

下記は、悪い姿勢の例です。

・背中が丸まっている
・顎を突き出している
・ディスプレイが近い
・ディスプレイが身体の正面にない
・キーボードが身体の正面にない
・床に足の裏がつかない(届かない)
・足を自由にできるスペースがない
・机上が汚い(狭い)
・椅子と机の高さが身体に合ってない
・頬づえをつく
・常に力んでいる
・足を組む
・ディスプレイが目線より上にある

当てはまるものはありましたか?

まずは、身体にあった机と椅子を選ぶところからです。

机は、床から65~70cmが望ましく、
高さを調整できる机を選ぶ場合は、
60~72cmの範囲で調節できるものが良いです。

椅子は、座面の高さを体格に合わせて
調節できるものを選びましょう。
肘掛・背もたれがあるものが望ましいです。

机の高さは、作業する姿勢で上腕を垂直にし、
肘を90度程度に曲げた時、
キーボードに自然に手指が届くくらいです。

椅子に座る際は、深く腰掛けて床に足の全体がつき
椅子と足の間には、拳が入るくらいのスペースを
あけます。

私は、いつも手を伸ばしすぎていたので
キーボードの位置と椅子の高さを調節しました。

次にディスプレイです。
ディスプレイの上端が目の高さより
下になるようにし、目との距離は
40㎝以上確保します。

ついつい、画面に近づいてしまうと
思いますので、気をつけましょう。

ちなみに私は、目の疲れを予防する為
ブルーライトカットの眼鏡を着用
するようにしています。

最後にキーボードです。
キーボードは身体の正面に置き
身体がねじれないようにします。
この時、「B」のキーが身体の真ん中に
くるようにするとちょうど正面に
なるそうです。

上でも言ったように腕の角度が
90度になるところまでキーボードは
身体に近づけましょう。

ノートパソコンを使っている方は
さらに姿勢が制限されてしまいますので
本で高さを調整するかノートパソコン専用の台を
購入すると良いかと思います。

フリーランスの翻訳者は、特に
パソコンの前から動かずに長時間
過ごすことが多いお仕事だと思うので
ぜひ、姿勢の見直しも行ってみてくださいね。

ちなみに、疲れた時は、休むのではなく
ジョギングなどの適度な有酸素運動をすると
血行が良くなり疲れがとれるそうなので、
試してみてください!

アーカイブ

ランキング

最新記事

一覧に戻る

資料請求・お問い合わせ CONTACT

当サイトをご覧いただきありがとうございます。当校の映像翻訳講座に関するお問い合わせ、資料のご請求は下記のメールフォームより受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

資料請求
お問い合わせ