映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
無料体験授業 よくあるご質問 資料請求・お問合せ






原文の台本と映像を元に、たくさんの言葉の制約がある中翻訳を行います。
翻訳した部分がすべて一つの作品になります。
字幕翻訳は、文字数制限もあり、文章を的確に縮める能力が必要です。
吹き替え翻訳は、しゃべり手の音声に合わせて実際に自分もしゃべりながら、翻訳の長さ調節をします。
どちらも、原文の読解力が必要ですが、何より日本語力が決め手です。
言葉の引き出しの多さがカギになってきます。
通常30分番組なら、2〜3日で翻訳をする能力が要求されます。





原文のスクリプト(原稿・台本)はありません。すべてヒアリングのみで、日本語に翻訳していきます。
放送翻訳の場合は、翻訳した文章がすべて使われるわけではなく、その中からディレクターが使いたい場所をピックアップしていきます。30分のビデオを翻訳しても、使われるのは1分足らずだったりするのです。
ヒアリング能力と同じぐらい日本語力が重要です。
どんなに外国語で言っていることが分かっても、それを即座に日本語にできなければ意味がありません。
同時通訳と同じような能力が要求されますが「口頭で伝えるのではなく、文章で伝える」という感じです。
通常、30分の素材を6時間ほどで翻訳する能力が要求されます。

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英語コース
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ