映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
字幕翻訳 初心者無料講座 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

映像翻訳の現場から コラム第11回 「ダイヤモンドは傷つかない」

現在公開中の「ヴィジット」はあのシャマラン監督久々のオリジナル脚本作品だ。共同製作に関わったのは「パラノーマル・アクティビティ」で知られるブラムハウス・プロダクション。だからというわけではないだろうが主人公の女の子は映画監督志望で、祖父母の家への訪問を記録映画にするという設定。全編が手持ちカメラで撮影されている。

もう一人の主人公、女の子の弟は白人なのだがラッパーに憧れている。ラップと言えばライム=韻を踏むというのは今や周知だろう。ラップに限らず英語の歌はライムするのが基本だ。例えば最初のラインがmakeで終わると次のラインはtakeで終わるように歌詞を作る。「メイク」と「テイク」で単語の後半の発音をそろえる。ライムしつつ歌詞の内容もまとめるのが作者の腕の見せ所というわけだ。

だが、これを訳すとなると非常に面倒だ。何とか韻を踏むよう頑張ったが、内容を訳すだけで諦めた箇所も多々。これは劇場で見てご笑納ください。  それから、この弟君のセリフもヒップホップ色が出ている。まず彼の名はタイラーだが、ラップをする時はT・ダイヤモンドと名乗る。実は本当はT-Diamond Stylusと言っている。直訳すれば「Tダイヤモンド針」。ダイヤモンド針といえばレコード針のこと(レコード針って分かります?)。それに光り物のダイヤが係っているのだろう。文字数の関係もあり訳出できなかったのは残念だが、この辺りが字幕のつらいところだ 。

あとはランダムにいかにもという言葉を拾ってみよう。
・swerve:予告編でこれを言うシーンが出てくるが、本来は「逸れる」「外れる」という意味。カニエ・ウェストが"Mercy"という曲で使ってから「失せろ」という意味になったらしい。
・pound:「叩く」という意味だが、拳と拳を合わせる挨拶のこと。挨拶自体はfist bumpという言い方が一番ポピュラーだが、fist poundと言ったりpound itと言ったりもする。
・chrome:金属のクロムのことだが、そこから転じて拳銃の意味になる。ラッパーが使う黒人英語は、このように連想ゲーム的に意味が変わる場合があり、感心させられることも多い。

劇中ではそれぞれ微調整して訳した。どんな状況で、どんな字幕になったかは……よろしければ本編でどうぞ。

執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英日グループレッスン
英日マンツーマン講座
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ