映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
無料体験授業 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

映像翻訳の現場から コラム第13回 「ロケット・サイエンティスト」

話題の映画「オデッセイ」は、火星に取り残された宇宙飛行士が、科学を武器に生き残るというSF大作だ。主人公は絶望的な状況にも関わらず、決して諦めない。これは「アポロ13」でも描かれていたが、どうやら宇宙飛行士に必須の資質らしい。危機に瀕してパニックを起こすような人間は最初から宇宙飛行士に選ばれないのだ。だが、それを差し引いても今回の主人公は驚くべきほど明るく前向きで、常にユーモアを忘れない。

宇宙と言えば、1990年代の中頃ぐらいからrocket scientistという言葉を頻繁に目にするようになった。「彼はrocket scientistのように切れる」などと、頭のいい人間の形容として使われるケースがほとんど。ロケット科学者だから賢いのは納得だが、なぜロケットなのかと不思議に思ったものだ。後にリーマンショックに始まる金融破綻の解説で、この言葉が出てきて納得した。実は1990年代、東西冷戦が終結したことで、NASAや軍需産業が抱えていた大量のロケット科学者が職にあぶれてしまったのだ。その彼らが向かった先がウォール街だったという。デリバティブに代表される複雑な金融商品の開発に、彼らの数学的知識が利用されたのだ。ロケット科学者というと、ロケットを作る工学分野と思いがちだが、実際はロケットの軌道計算をする数学者などのことを指したらしい。それをロケット関係の理数系という大雑把なくくりでrocket scientistと呼んだらしいのだ。

「オデッセイ」でも主人公を助けるために宇宙船の軌道を計算する力学課の学者が出てくる。例えば地球から火星に行く場合、地球も火星も動き続けているわけで、出発時と到着時では位置が違う。加えて、宇宙船は途中で燃料補給ができないから、最初に積んだ燃料で往復できるよう、細かい燃料の使用やコース変更をあらかじめ決めておかなくてはならない。また燃料節約のため、火星に近づいたら、火星の重力を利用して宇宙船の方向やスピードを変えるということもやる――これを重力アシストとかスイングバイと言う。これも軌道が近すぎれば火星に衝突してしまうし、遠ければ重力を有効に使えない。微妙なコース計算が必要となる。だから「オデッセイ」では力学課の学者が、自分が計算したコースをスパコンで検算するシーンが出てくる。スパコンで検算するほど複雑な計算というわけだ。

さて、世紀のサバイバル&救出劇は果たして成功するのか。それは本編を見ていただくとして、それにしても本作といい「プライベート・ライアン」「インターステラー」など、マット・デイモンは本当に"取り残される"人だなあ!

 

執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英語コース
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ