映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
無料体験授業 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

映像翻訳の現場から コラム第16回 「メールください」

今や日常生活に欠かせないものとなったメール。これは英語で何と言うのか。mailでしょと思った人、それでは郵便になってしまう。正解はtextだ。最初にセリフで出てきたのがいつかは忘れてしまったが、とまどったのを覚えている。ただ、前後の流れからメールのことを指していたのは明らかだったし、それから何度も目にするようになり、すっかりメール=textとインプットされた。ちなみに、これは"Text me" などと動詞としても使える。この辺りは検索サイトのグーグルから「ググる」という動詞が生まれたのと似ているね。

ところが先日やった作品で次のような会話が出てきた。他人の携帯電話を調べている2人の会話だ。A:He deleted all his emails./B:Try texts.――A:彼、メールを全部消去してる。/B:メールを見てみて……あれあれ、どういうこと?textってメールの意味じゃなかったっけ?しかし、続く画面で調べているのは明らかにメールだ。

こういう時はストレートに"email text 違い"というキーワードで調べてみる。するとたちまち疑問は氷解した。textとはtext messageの略で、正式にはSMS=short message serviceと呼ばれる。送れるのは文字=textのみだ。SMSと言われてピンと来ない人も、AUのCメール、docomoやソフトバンクのショートメールのことだと言えば分かるだろう。つまり携帯同士でやり取りするメールのことだ。

これに対してemail/e-mailというのはコンピューター同士でやり取りするメールのことだ。上述のセリフ中のemailとは携帯からコンピューターに送ったメールのことだろう。または携帯同士でもファイルや画像を添付する場合はEメールでないと送れない。SMSはファイル等を添付できないし、コンピューターにメッセージを送ることはできないのだ。

ということで上述の会話を誤解の余地がないように訳し直すと、A:彼、Eメールを全部消去してる。/B:SMSを見てみて となるわけだ。ただ、上にも書いたがSMSではピンと来ない。僕はAU携帯なのでCメールで通じるが、ショートメールの方が分かりやすいという人もいるはずだ。そこで通常のメール(=Eメール)と区別するために「携帯メール」と訳すことにした。

ということで、冒頭の「メール=text」というのは間違いということになる。携帯同士の文字だけのメールならtext、いわゆる普通のメールはemail/e-mailというのが正解だ。ただ、実際に翻訳する場合、textとemailの両方が出て来た場合は訳し分けなければいけないが、その作品中でtextしか出て来なかったら、単に「メール」でいいだろう。

英語ではこんな厳密に使い分けているとは知らなかった。さらに最近はLINEもあるし、フェイスブックでメッセージも送れる。チャットやインスタントメッセージなんてのもあるぞ。いろいろあって訳し分けが大変だな。

 

執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英語コース
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ