映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
無料体験授業 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

映像翻訳の現場から コラム第25回「書類手続きをします」

間もなく公開の「ネオン・デーモン」は鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作。独特な色づかいで語られる本作は、いわゆる業界残酷物語にエログロの味付けをした独特の作品になっている。インスパイアされた作品として監督本人が「ワイルド・パーティー」(ロックで成功を目指す女性たちの栄光と没落、そして最後の惨劇を描く)と「アンダルシアの犬」を挙げている。これで作品のカラーはある程度分かると思うが、本作はさらにあらぬ方向へ暴走していくのだ。

今回、舞台となるのはファッションモデル業界だ。主人公がエージェントの面接を受けて合格すると、担当者が先に書類手続きを済ませようと言って、自動車免許証のコピーと共にvoided checkの提出を求める場面がある。voidedとは無効にされたという意味。無効になった小切手など何に使うのだろう。

調べてみると、やはりこれは「無効小切手」と呼ばれるものらしい。手持ちの小切手に自分でVOIDと書いて無効にする。支払いを銀行引き落としにしたり、収入を口座振り込みにしてもらう場合に提出するのだ。小切手には口座名義人名、銀行名、口座番号など必要な情報が載っているため、先方が必要な情報を入手するために提出を求められるのだ。今回の場合なら、エージェントが主人公にギャラを振り込む際の情報として必要なので、無効切手を出せと言っているわけだ。

これはアメリカでは日常的に行われていることらしい。日本にはない習慣だ。日本なら銀行情報を申告するだけで済む。恐らく銀行情報が本当だということを確認するために小切手を求めるのだろう。いわゆるエビデンスというやつだ。 字幕は最初「口座用に無効小切手を」としたのだが、分からないという指摘があって「銀行口座の情報を」と直した。“無効小切手”という言葉は消さざるを得なかったが、やはり習慣に関することは説明がないと難しい。

以前も別の映画で、仲間が家で負傷した時に「洗面所から薬を取ってきてくれ」というセリフがあった。日本なら救急箱を持ってこいなどとなるはず。アメリカでは洗面所の鏡が蓋になっていて、裏に収納スペースがあるのが普通。そこに常備薬を置いておくのだ。この習慣を知らないと、なぜ洗面所へ行かせるのか日本人には分からない。最近は鏡の裏が収納になっている洗面所も日本で増えてきたが、まだそこに常備薬を置く習慣はないはずだ。

話を無効小切手に戻すが、当然ながらVOIDと書く時はペンなどの消せない筆記具を使う。もちろんサインはしない。それから小切手を書き間違えた時、それをシュレッダーにかけてもいいが(金と同様なので安易に丸めて捨ててはいけないのですよ)、VOIDと書くことで無効=使えなくする方法もあるそうだ。

これはいいことを覚えた。今度、小切手を書き損じたら…って、小切手なんか持ってないや。待てよ、トラベラーズチェックなら使う機会はありそうだぞ。試してみようかな。

 

2016年1月13日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国順次ロードショー

c 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch



執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英語コース
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ