映像翻訳(字幕翻訳・吹き替え翻訳・ゲーム翻訳・文書翻訳・通訳翻訳者養成講座/スクール/学校)のワイズインフィニティ
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
HOME 映像翻訳とは 当校の特徴 講座一覧 講師紹介 受講生・修了生
字幕翻訳 初心者無料講座 よくあるご質問 資料請求・お問合せ

映像翻訳の現場から コラム第26回「本日の会議のアジェンダ」

前回のコラムでエビデンスという言葉を使ったが、実はこの言葉が気に食わない。意味は分かるんです――evidence/証拠ということ。映画では刑事ものやサスペンスなど警察が登場する話は多い。いきおい、evidenceだのMO(手口)といった単語は馴染みになる。でも「支払ったかどうかが分かるエビデンスをご提出ください」などと言われると首をかしげたくなる。近年は経理関係や保険の支払いなど金銭絡みの現場でよく使われるらしい。だけど、これって「支払ったかどうかを証明できるものをご提出ください」でいいんじゃないですか。なぜエビデンスと言わなければいけないんだろう。

そういえば前回のコラムを書いた後に知人に聞いたのだが、その人が損保会社にいた時、領収書を書き損じた時のために"VOID"というシャチハタがあったそうだ。何だ、あの話題は損保関係の人には当たり前だったわけですね。それはともかく、これだって"無効"でいい気がする。

同様に僕が嫌いなカタカナ語に「アジェンダ」というのがある。英語のagendaはラテン語由来で、そもそもは「やるべきこと」という意味。そこから議事の日程、会議の議題、一般的な予定という意味になる。よく「今日の会議のアジェンダは…」などとのたまう人がおられるが「議題」と言えば済む話ではないか。

ただ、僕がアジェンダを嫌うのは他の意味もあって混乱するからだ。国際的な会議などでは検討課題、行動計画の意味でも使われる。特に政府、官公庁などが使う場合は「行動計画」を指すことが多い。

さらに困ったことに政治の世界では、かつて某政党がアジェンダと言い出したことがあるのだ。これはマニフェストと同義で使っているらしい(とりあえず「マニフェスト」の是非は置いておこう)。つまり「選挙公約」「政策課題」という意味だ。ただし、マニフェストが空約束に終わることが多いのに対し、その某党では「政権奪取の暁には〇〇をやることが既に決まっている」という強い思いを込めているということだ。つまりマニフェストよりも上位の概念だということ。といっても所詮は拘束力があるわけではないし、単なる言葉遊びにすぎない――以上のような説明がネット上にあった。

まあ、アジェンダもマニフェストも僕に言わせれば選挙公約で十分。大体、マニフェストといったら僕の中ではロキシー・ミュージックなのだ!

翻訳に関わっていると、よく横文字に詳しい、横文字大好きと思われるのだが、僕個人はそうではない。むしろ何でカタカナにするかなと思うことが多いのだ。もちろん、厳密に日本語に置き換えられない言葉というものがあるのは理解している。ニュアンス、言葉の与える印象がどこか違うというものは実際にある。でも、すぐにカタカナ語に飛びつくというのはいかがなものだろうか。

なんて偉そうなことを書いてきたが、実はカタカナ語は長いから嫌いなんです。なぜって、僕は字幕翻訳家ですよ。アジェンダより議題、ボイドより無効の方が文字数が少ないですからね。

 

執筆者:風間綾平

字幕翻訳家 大手制作会社のスタッフとして字幕演出に携わりながら1989年に字幕翻訳デビュー。 代表作は「少林サッカー」「ビートルズ・アンソロジー」「アンダーワールド」 「アース」「アドレナリン」 「スペル」「LOST」「イコライザー」「ナイトクローラー」「スティーブ・ジョブズ」「オデッセイ」など多数。 近年は、映像翻訳学校ワイズ・インフィニティにて講師を務め、後進の指導を行っている。

 

映像翻訳現役受講生の声
通学講座
英日グループレッスン
英日マンツーマン講座
中日コース
韓日コース
クローズドキャプション講座
SST
英語コース
韓日コース
英語コース
通信講座
基礎コース
実践コース
インテンシブコース
インテンシブコースU
中日字幕翻訳コース
韓日字幕翻訳基礎コース
韓日字幕翻訳実践コース
通信SST講座
韓日字幕翻訳インテンシブコース
講座終了後のお仕事
資料請求はこちらから
セミナー・イベント情報
開講中の講座
映像翻訳AtoZ
個別説明会
映像翻訳フォーラム

アクセスマップ 運営会社 個人情報保護方針
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座
ワイズ・インフィニティの翻訳者養成講座 資料請求・お問合せ アクセスマップ